リスニングの力は筋トレと同じ!?

リスニングの力は筋トレと同じ!?

リスニングの力は筋トレと同じ!?

「村上式シンプル英語勉強法」 村上憲郎氏

 

英語を聴く力、リスニング力は”耳の筋力”です。決して知力ではありません。低周波に慣れきった日本人の耳で、子音の高周波は非常に聴き難いのも当然でしょう。英語が聴こえるようになるには耳を鍛えて高周波を聴き取る力をつけるしかないのです。

 

今まで何時間英語を聞いてきたか、これがリスニング力と言えます。そこに学力は関係ありません。リスニングパワーのような英語の周波数に慣れる教材を有効活用するか、聞いて聞いて聞きまくる、聞けば聞くほど上達する、これが事実なので上達しているのだと思いながら毎日英語を聞くようにしてください。

 

英語でネイティブと会話をする場合、英語を聴くのは、どうしても相手のレベルがベースになり、それにこちらが合わせることになります。しかし英語で話すときには、当然こちらの英語力がベースになります。つまり聴くのは相手のレベル、話すのはこちらのレベル、こんな楽なことはありません。堂々と自分のレベルで、落ち着いて話せばいいんです。

 

初心者ほど英語は話すのが難しいと言いますが、話すのはこちらの理解の範囲で解決することができます。実はもっとも簡単なのかもしれません。自分の話せる範囲の言葉で大丈夫なので自信を持って話してみてください。自信があれば声が大きくなります。私は仕事上、ネイティブスピーカーと話す機会がたくさんありますが、日本人の英語が通じない理由は単に声が小さいからとよく言うものです。

 

トップページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ