伝わる英語とは知ると行動が変わる

伝わる英語とは知ると行動が変わる

伝わる英語とは知ると行動が変わる

「できる人の英語勉強法」 安河内哲也氏

 

スピーキングの現場では、「伝わる」のが第一で、「正しい文法」は第二です。一方で多くの日本人は、「正しい文法」が第一で、「伝わる」が第二になってしまっています。この発想を変えなければいけません。

 

以前の私もこれと全く同じでした。ただしく話せるようになるまでは話してはいけないというルールを自分の中で勝手に作っていました。しかし、これは逆なのです。間違ってでも話すからこそ、話すという感覚が身につきます。そして、間違いにも気がつきます。つまり実践からがもっとも得るものは大きいのです。私自身、今でも話している最中に「今文法的に間違ったな」と思っても、相手には通じているのです。なので言い直すことなどはしません。また逆もしかりです。相手が話したことで「今間違ったな」と思っても自分としては十分に意味は理解できているのです。お互いが間違い合っても会話は自然に続いていく、英会話とはこんなものだと思います。英語も日本語も言葉というものは本来は道具です。自分たちの気持ちや意思を伝えるための道具であります。そこには正確さを超えた気持ちの伝達が求められていると感じます。どうすれば伝えられるか、例えば大きな声で身振り手振りをつけて話すのも1つの方法だと思います。正しいという考えよりも優先すべきとこがある、それが英語の本来の目的と言えそうです。

 

トップページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ