ネイティブの文法の秘密

ネイティブの文法の秘密

ネイティブの文法の秘密

「世界一わかりやすい英語の勉強法」 関正生氏

 

ネイティブは決して「文法のことを考えていない」のではなく、「考えなくてもいいくらい無意識化している」だけなんです。その証拠に、彼らは文法的に間違った文を「おかしい」と言えるわけです。「おかしい理由」は答えられませがん「文法的な正誤判定」はできるわけです。ネイティブは英文法を意識していませんが、「使いこなしている」わけです。

 

「文法は必要ない」の本当の意味は「文法を無意識に使いこなす」ということです。これは本来ならば上級者のみが言っていい言葉なのだと思います。私の経験上、初心者が英会話を学び、日常英会話レベルのを目指すのであれば無理に高度な文法など学ばずにフレーズを丸暗記するという方法でいいと思います。しかし、英語の上級者を目指すのであれば文法は避けて通れません。そして、その上として文法を無意識に使いこなすというレベルが存在します。なので文法なんて不要だと日本人に生まれた以上は言うべきではないのです。文法をしっかり学んでこそネイティブに近いレベルまでいけるのだと思います。また、逆を言えば英語の勉強を始めたばかりからネイティブレベルを目指すことも良いことではありません。あくまで自分はノンネイティブなのだ理解した上で文法を勉強していきましょう。

 

トップページへ

ネイティブの文法の秘密関連ページ

発音を勉強することの副産物

ホーム RSS購読 サイトマップ